クレカの用意はOK?!ジョージ・オーエルのおすすめ「人気ショップ」ならコチラ!ハヤカワ

1Q84に影響されての購入です。前・訳版が絶版になっていて!オークション等で3倍近い値段で取引されていましたが!村上春樹ブームのおかげで現代版の新訳で登場しました。村上春樹1Q84に乗っての新訳本発刊かもしれませんが!とても面白い内容です。

コスパがいい!

2018年04月09日 ランキング上位商品↑

ハヤカワ ジョージ・オーエル一九八四年新訳版 (ハヤカワepi文庫) [ ジョージ・オーエル ]

詳しくはこちら b y 楽 天

皆さんが書かれているように!半世紀も前に書かれたとは思えない内容になっていると思います。まだまだ読み始めなので、これからどんな展開になるのか分からないですが、最初の段階でも恐怖を感じる内容になっています。読むのが楽しみです。内容はあまりにも有名ですが,起こりえたかもしれないこと,あるいは世界のどこかで現在行なわれていること,だと思うと恐怖を感じますね。これが1948年という時代に書かれたとは....ぜひ一読してください。大変おもしろい作品です。新訳にあたって,最後の数式に答えをいれたそうですが・・・。早速届きました。おもしろく読み進めることができると思います。新訳版ということで21世紀になった今読み直しです。1984年がかなり過去になってから読むのがなんだかおもしろい気がして購入、おもしろそうですよ。どんどん読み進めたくなる面白さ。図書館で新訳がみつからなかったので。新訳も出たし…。むお25年も過ぎてしまった昔のことを「近未来」として1948年に書かれた小説ですが!けっこう背筋が寒くなります。出だしは!本屋さんで立ち読みして!面白くなさそうって思って購入に至らなかったのですが!今回村上春樹さんのIQ84が絡んでいるっていうことを知って!すぐに購入。ご多分に漏れず!『1Q84』からの流れでの購入です。IQ84と読み比べてみようと思います。わくわくです。読み進めて行くと!かの国を連想させられますが!よくよく考えてみると!自分の身の回りにも似たような事が?!いろいろ考えさせられます。旧訳版は読んだことありませんが,正統派の訳でよいと思います。80年代に何度も読みました。ようやく、読めるっといった感じです。村上春樹の「1Q84」流れで来ました。到着が早かったです。